MENU

仙台89ERS

SENDAI 89ERS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【お知らせ】中学生選抜クラス所属 首藤怜選手(仙台市立長町中学校1年)が平成29年度U13ナショナル育成キャンプに参加しました!

【お知らせ】中学生選抜クラス所属 首藤怜選手(仙台市立長町中学校1年)が平成29年度U13ナショナル育成キャンプに参加しました!

11月3日(金・祝)~11月5日(日)の3日間、味の素ナショナルトレーニングセンターにおいて、平成29年度U13ナショナル育成キャンプの第2回キャンプ(最終回)、および平成29年度U14ナショナル育成キャンプの第3回キャンプが開催され、仙台89ERSバスケットボールスクールから、中学生選抜クラス所属の首藤怜選手(仙台市立長町中学校1年)が選出され、キャンプに参加してきました。3日間のキャンプでは、U13とU14との合同練習も行われました。

 

首藤怜選手

■名前
首藤 怜(しゅとう れい)

■学年
中学1年生

■身長
181㎝

1.jpg

 

首藤怜選手インタビュー

Q「キャンプでは、どのような練習をしてきましたか?」
首藤「いろいろなドリブルやシュートのファンダメンタル、U14とのスクリメージ等を行いました。」

Q「その中で印象に残っているのはどのような練習ですか?」
首藤「特にU14の選手とスクリメージを行った時のことが印象に残っています。」

Q「その時のスクリメージで、自分自身の出来はいかがでしたか?」
首藤「U14の大きな選手に対しても、リバウンドを奪うことができ、得点をすることができたのは自信になりました。」

Q「キャンプに参加し、今後自分のプレイにはどのように活かしていきますか?」
首藤「U14の選手は攻守の切り替えが速く、ディフェンスの意識が強かったので、自分もそういった部分を意識し、ディフェンスでもチームに貢献できるようにしていきたいです。」

Q「今後の目標は何ですか?」
首藤「中学・高校での全国制覇です!!」

2.jpg
 

仙台89ERS U15ヘッドコーチ 加藤真 コメント

現在89ERSアカデミーでは、中学生選抜クラスという形で、来年度「仙台89ERS U15」のチームを結成するにあたっての育成をはかっております。首藤選手はそのクラスに所属しています。
首藤選手は小学1年生の時から当スクールに通って基礎を学び続け、小学校高学年から現在に至り体の成長とともにゴール下の強さが増してきました。 また、基礎練習を大事に行ってきたため、ポジションにとらわれずボールを運ぶといったプレーができるのも彼の特徴です。
着実に成長し、その中で今回U13ナショナル育成キャンプに選出されたことは、たいへん喜ばしいことであり、「仙台89ERS U15」結成にあたっての明るい材料となりました。今後も基礎練習を大事にし、オフェンスでもディフェンスでもチームに貢献できるプレーを増やし、チームの核となるプレーヤーに育ってほしいです。
今回のキャンプで指導いただいたことを活かして、更に成長を続けてほしいと思いますし、中学生選抜クラスの他のメンバーも刺激受け、チーム全員がレベルアップできるよう練習に取り組んでほしいです。