MENU

仙台89ERS

SENDAI 89ERS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】第10節 愛媛戦 GAME2

【試合結果】第10節 愛媛戦 GAME2

試合結果

試合概要

Bリーグ(B2) 2018-19シーズン 第10節 GAME2
愛媛オレンジバイキングス戦
2018年11月25日(日) 13:00試合開始
会場 ゼビオアリーナ仙台

スコア
 
仙台 74 24  1Q  13 72 愛媛
17  2Q  22
11  3Q  23
22  4Q  14
      


🔽試合の詳しいスタッツはコチラ
https://www.bleague.jp/game_detail/?ScheduleKey=3680


 
桶谷ヘッドコーチのコメント

今日は出だしも良く、ディフェンスも良くできていたが
第2Q途中からターンオーバーが増えてきて、簡単にスリーポイントを打たれてしまった。
昨日の反省を生かして、今日はこぼれ球を拾って行こうと話していたのにそれができず
第3Qの入りは劣勢になってしまい、自分たちが何をしたらいいのかわからずちょっとしたパニックになってしまった選手もいて、悪循環なバスケットをしていた。
ただ第3Qの途中からは、しっかりボールを回して、いいシュートで終われるようになって、そこからディフェンスも良くなって行った。それを今日しっかり作ってくれたのが、安部と菅澤だった。この2人が今日はチームを助けてくれた。安部はしんどい時間に3ポイントを決めてくれたし、菅澤はリバウンドのところでハッスルしてくれたと思う。

 
#10菅澤選手のコメント

相手が外国籍選手1人しかいない中で、このような展開になってしまい
勝ったことだけが唯一の救いで、2日間を通して反省しています。

僕はベンチプレーヤーなので、途中で出場した時こそ
流れが良い時は、もっといい流れを作らなくてはならないし、
流れが悪い時には、僕が起爆剤にならないといけないと思っています。

だからこそ今日は、ルーズボールに飛び込んで行ったり
ファールになってもいいのでオフェンスリバウンドは積極的に行こうと思っていました。
また、みんなを鼓舞できるように、コートに立った時は声を出して
自分がプロ選手であるうちは、それをやり続けることが僕の役割だと思っています。

強い気持ちで臨んでいても、どこかで気持ちが緩んでしまうので
40分間しっかり闘い続けられるよう、もっともっと切磋琢磨していかなくてはならないし
向上心を持って次節に向けて取り組んでいかなくてはならないと思います。

 
#32安部選手のコメント

愛媛さんは外国籍選手が1人しかいない中での2日間だったので、本当は自分たちがやることをやれば、もっと差をつけられた試合だったと思います。
ただ今日は、試合前にヘッドコーチにどんどん打っていけと言われていたので、
点差が離れそうな時に、シュートを決めて巻き返すことが出来たのは良かったと思います。
最年長の僕や菅澤選手がいることで、若手が思い切ってプレーできるように、出たときは安定した力を出し続けていきたいと思います。