MENU

仙台89ERS

SENDAI 89ERS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 仙台市荒浜地区で黙祷を捧げました

仙台市荒浜地区で黙祷を捧げました

 

震災から9年。あらたな決意

 



東日本大震災から9年の3月11日、今年も仙台89ERSのヘッドコーチ、選手、スタッフが仙台市若林区の荒浜地区を訪れ、14:46に荒浜の深沼海岸で黙祷をしました。改めて震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
仙台89ERSは震災を経験したクラブとして「助け合い、チームワークのスピリッツをバスケットボールで表現し、日本中、そして世界に発信する」ことをクラブ理念の1つにあげています。
たくさんの方々に支えられてきたことに感謝をし、この東日本大震災を風化させないこと、そしてスポーツを通じて、たくさんの方々に勇気や希望、感動を与えられるよう、改めて、チーム一同一丸となって闘って参ります。

月野雅人キャプテンのコメント

東日本大震災から9年。被災地の宮城県で今こうして仙台89ERSがプロ球団として活動できていることに感謝するとともに、この地でプロ選手として働けていることの意義、役割を改めて感じます。震災を風化させることなく、今もまだ多くの方々が復興に向けて活動されていることを忘れずに、私達にできることを微力ながら精一杯取り組み、スポーツを通して少しでも多くの方に勇気や感動、希望や喜びをお届けできるよう頑張ります。
改めて東日本大震災でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
 


 
 

阿部翔太選手(石巻出身)のコメント

9年目の3月11日を迎えましたが、少しずつ風化している感があるのは否めないです。でもせめてこの日は、一日だけでもいいので皆さんに当時のことを思い出し、もう一度知ってほしいと思います。僕が直接的に復興の役に立てることは少ないのですが、地元・石巻を始め、被災された方々には、僕たちのプレーで、少しでも元気になったり、こどもたちがプロ選手になりたい!と夢を見たり、そういう夢や希望のきっかけになってくれたらと思っています。そのためにも、僕は誰よりもコートで走り、ハッスルし、今シーズンはチームでB2優勝し、B1に昇格に貢献することが使命だと思っています。