MENU

仙台89ERS

SENDAI 89ERS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > チームスタッフの新型コロナウイルス感染症陽性判定について

チームスタッフの新型コロナウイルス感染症陽性判定について

このたび、ヘッドコーチの桶谷大が、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことをご報告いたします。
現在、桶谷ヘッドコーチは、軽度の症状があり、遠征先の茨城県内のホテルで療養しております。

桶谷ヘッドコーチの濃厚接触者の調査につきましては、明日以降所轄の保健所で行われる予定ですので、こちらは調査結果が出次第ご報告させていただきます。

なお、これにより「B1・B2リーグ戦試合実施要項」第6条第3項第3号の規定により試合エントリーの要件を満たせず、仙台89ERSは「B級ライセンス保有コーチ1名以上」の試合成立要件を充足しないことから、「Bリーグ規約」第55条第2項第4号の規定に基づき、明日2月7日(日)に予定しておりました第20節アウェー茨城戦GAME2も開催中止が決定いたしました。
関係者の皆さまには、ご心配をおかけし誠に申し訳ございません。

なお、代替試合の開催概要やチケットの取り扱いにつきましては決まり次第、茨城ロボッツのWEBサイト等でお知らせいたします。中止対象試合のチケットは、そのまま大切に保管していただきますようお願い申し上げます。

その他の選手およびチームスタッフには、体調異常等は生じておりませんが、引き続き感染拡大予防対策につきましては、クラブ内で徹底して参ります。まずは保健所の指導に基づき、対応を進めて参ります。


■桶谷ヘッドコーチの行動歴
1月30日(土)
・Bリーグ統一検査受検
2月2日(火)
・Bリーグ統一検査の結果陰性の判定を受ける
2月4日(木)
・再検査を受検、同日陰性の判定を受ける
2月6日(土)AM
・茨城県内のホテルで発熱(37.4℃)、ホテルで待機
・茨城県内の病院でPCR検査を受検、陽性の判定を受ける