MENU

仙台89ERS

SENDAI 89ERS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > ルブライアン ・ナッシュ選手 負傷及び帰国のご報告

ルブライアン ・ナッシュ選手 負傷及び帰国のご報告

いつも仙台89ERSへのあたたかい黄援ありがとうございます。
 
4月21日(水)に行われた越谷アルファーズ戦において、ルブライアン・ナッシュ選手が負傷し、以下の通り診断されました。  
今後の試合スケジュールと完治までの期間等を考慮し、ナッシュ選手は明日帰国し、治療に専念することが決まりました。
ホーム最終戦、そしてプレーオフをともに闘うことができず、大変残念ではありますが、1日でも早い復帰を願うとともに、ナッシュ選手の分もチーム一丸となって闘って参りますので、引き続き温かい黄援をよろしくお願いいたします。


 
ルブライアン ・ナッシュ(Le'Bryan Nash)選手
 
■診断内容 右アキレス腱断裂
■全治 未定



          
■背番号:2
■ポジション:SF(スモールフォワード)
■身長:201cm /体重:107kg
■生年月日:1992年6月30日 
■出身地:アメリカ合衆国

■ナッシュ選手のコメント
仙台89ERSに関わる全ての皆さま、宮城、そして仙台という素晴らしい場所でプレーをさせていただけたことに感謝いたします。 チャンピオンシップ優勝を果たすチャンスのあるチームでプレー出来たことが自分にとって凄く嬉しかっただけに、このような形で離脱してしまうことをとても残念に思います。この怪我に自分は決して屈することはありませんし、怪我を治して更に強くなって帰って来ます。ファンの皆さまには、新参者の私をたくさん黄援してくださったことに感謝しかありません。 またチームメイト、コーチングスタッフ、そしてフロントの皆さまにも、私を快く迎え入れていただいたことに感謝いたします。皆さまと闘えて本当に楽しかったです。皆さまの明るい未来、そしてまたいつか一緒にプレーできることを心より願っています。 ありがとう仙台89ERS!