MENU

仙台89ERS

SENDAI 89ERS

MENU

NEWS

HOME > ニュース > クラブ史上初!「トレーニングキャンプ in 南三陸」を実施

クラブ史上初!「トレーニングキャンプ in 南三陸」を実施




仙台89ERSは、被災地にあるクラブとして「震災を経験した人々が持つ、助け合い、チームワークのスピリッツをバスケットボールで表現し、
日本中、そして世界に発信する」ことを、クラブ理念のひとつに掲げています。


震災後の2013年から2015年までの公式戦と、2016年からのプレシーズンゲームを南三陸町で開催し
バスケットボールを通して町民のみなさまの希望のシンボルとなれる様、活動して参りました。


震災を経験していない所属選手も、今回南三陸でトレーニングキャンプをすることで、被災地を自分の目で見たり
震災語り部講話を受講したり、被災地のクラブに所属する選手として、
その自覚を持つことも南三陸町で開催する目的のひとつです。


トレーニングキャンプ中は、南三陸町民の皆さま1,000名をご招待するプレシーズンゲームや、
公開トレーニングを予定しておりますので、ぜひ南三陸に足をお運びいただき、熱い応援をお願いいたします!



 

トレーニングキャンプ2018 in 南三陸」概要

■期間:2018828()~31()
■会場:宮城県本吉郡南三陸町 南三陸町総合体育館(ベイサイドアリーナ)など

■公開トレーニング・プレシーズンゲームスケジュール






 

「プレシーズンゲーム in 南三陸 富山グラウジーズ戦」についてはこちら

 
   

クラウドファンディングで支援者も募集中!

新しく生まれ変わった仙台89ERSを多くの方に知っていただくため、クラウドファンディングを実施いたします。 資金調達の目的だけではなく、仙台89ERSの理念にご賛同いただけるファンの皆さま、支援者の皆さまとともに今シーズンをスタートをしたいと考えました。 また、リターン商品の中には、南三陸町の特産品もご用意しています。ぜひ、みなさん応援よろしくお願いいたします!

   

TOP SPONSOR