NINERS HOOP ×SDGs

What’s SDGs

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称。2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

Concept

ナイナーズがつなぐ地域と未来「NINERS HOOP」×「SDGs」2021始動

2020-21シーズン、東日本大震災から10年の節目に、仙台89ERSは『NINERS HOOP』と銘打ち、ナイナーズがつなぐ「地域」と「未来」というコンセプトのもと、地域のため、未来を担うこどもたちのために、さまざまな活動をスタートさせました。
そして2021-22シーズン。『NINERS HOOP』をさらに拡大させるべく、国連が定めた持続可能な開発目標「SDGs」にも、クラブ一丸となって取り組んで参ります。
「SDGs」の活動をクラブが積極的に取り組むことで、「SDGs」がより身近な存在となり、皆さまとともに活動していくきっかけになればと思っています。

これまでの活動(一部)

  • 街をナイナーズイエローに染めよう「イエロープロジェクト」

  • プロ同様の演出でこどもたちに特別な体験を「NINERS HOOP GAME」

  • こどもたちにバスケットボールの楽しさを「ボール寄贈プロジェクト」

  • 足こぎ車いす「COGY」寄贈プロジェクト

NINERS HOOPの活動はこちら

Action

Message

代表取締役社長 志村雄彦

ナイナーズがつなぐ「地域」と「未来」というコンセプトのもと、地域のため、未来を担うこどもたちのために活動してきた「NINERS HOOP」をさらに拡大し、豊かな社会づくり、元気な仙台のまちづくりに貢献できるよう、仙台89ERSは「SDGs」にも取り組みます。
世界にはまだ多くの課題がありますが、ファンの皆様、地域の皆様、そしてナイナーズに関わるすべての皆様とともに、スポーツの力を通じて地域社会の課題解決に向き合い、持続可能な未来に向けて活動して参ります。

NINERS HOOP
×
SDGs

  • 昨シーズンから活動している「NINERS HOOP」の「HOOP(輪)」に「SDGs」を象徴する17色のカラーを組み合わせました。
    「NINERS HOOP」×「SDGs」の活動を通して、バスケットボールと未来・こどもたちと未来をつなげ、ここ長町・みやぎから世界に発信していこうという想いが込められております。

  • Logo design

    大岩Larry正志 氏

    国内随一の実績を誇るスポーツデザイナー。東北楽天ゴールデンイーグルス、東京ヤクルトスワローズ、福岡ソフトバンクホークス、モンテディオ山形などのユニフォームやロゴ、グラフィックのデザインを手掛け、仙台89ERSでも、2018-19、2020-21シーズンのユニフォーム、セカンダリーロゴ、ナイナーズイエローデーロゴなどをデザインしていただきました。

Support

仙台89ERSでは、この活動をサポートしていただけるパートナー企業様を募集しております。
すでに活動していることがある企業様であれば、課題解決に向け、仙台89ERSがその活動に一緒に参加させていただくことも可能です。
お気軽にお問い合せください。

お問い合わせはこちら

Sponsor